連れていけ、という国本刑事の声


それに応対した警官が、彼を私から遠ざける



――霞む目に映る彼は視界から消えようとも、私の中に刻まれた


忘れるなんて出来ない


冬のこの日


私の中には、悲しく切ない思い出が出来きて




栂句琉希という、私を愛してくれた人の物語が幕を閉じた



この作品のキーワード
ヤンデレ  恋愛  監禁  狂愛  恋人依存症  ある種、純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。