ばいばい。

ありがとう。


あの日あの時間

私たちは
まだ幼かったんだ



気がついたら、私たちは教室にいた
出られない、進まない教室に


どうしたら良いかわからない
それでも彼らは、私を繋いでくれる


*-*-*-*-*-*-*-*
 
ジャンル的に『ジュブナイル』だと思いたい
もしくはYAかな、と

2009.6.22~2009.12.10

2016.2.28 文庫発売
文庫版は、すべて書き直ししているので
この作品とは違うところがあります
文庫紹介ページのあらすじは、文庫のものになります
なお、ケータイ小説として書いたものなので
あえて行間が広く、簡易な文章で表現しています

*-*-*-*-*-*-*-*
 

あらすじ

屋上から飛び降りたはずの高校生、弥八子はなぜか教室にいた。四人のクラスメイトと共に、扉の開かない教室に。
どうしてなのか、わからないまま、実は時間が進まないことに気がつく。
閉じ込められた教室で、繰り返す三分間。五人はここに来た理由と、脱出するための方法を探すうちに、各々が持つわだかまりを解いていくことになる。

好評発売中

あらすじを見る
自らの命を絶とうと、学校の屋上から飛び降りた高校1年の弥八子。けれど――気がつくとなぜか、クラスメイト4人と共に教室にいた。やがて、そこはドアや窓が開かない密室であることに気づく。時計は不気味に3分間を繰り返し、先に進まない。いったいなぜ?そして、この5人が召喚された意味とは?…すべての謎を解く鍵は、弥八子の遠い記憶の中の"ある人物"との約束だった…。
この作品のキーワード
ジュブナイル  スタ文  学校  友情  友達    悩み    15歳  青春 

スターツ出版文庫

15歳、終わらない3分間
15歳、終わらない3分間
amazonで買う
楽天で買う