大好きだった人達を失った少女
そのたびに立ち止まり自分の弱さを嘆いた


「私は皆が帰る場所、新選組を守るんです」


漸く見つけた居場所を見失わないように
少女は強くなると決意し
ただひたすらに駆け抜けたーーー



「私は、いつでも貴女の傍にいますよ。
だから、私を一人にしないでください…」

「泣きたい時は泣けつったろ。
ほら、胸貸してやっからよ」

「お前は、まったく良い女だよ。
手放すのが勿体ねえな」



少女は新選組と共に歩むと決めた
そして、少女が見た最期の景色とはーーー





******************

ジャンル別ランキング最高15位!

沢山の感想ありがとうございます!
いつも励みになってます(^^)


史実に基づいたフィクション。
物語の都合上、史実とは多少違う
内容になることもありますが
ご理解いただけたら嬉しいです。


こちらは二部作品です
駆け抜けた少女
からお読みに下さい★



2010.12〜2014.11



駆け抜けた少女 完結


長い間お付き合いくださり
ありがとうございました!


素敵なレビューありがとうございました!
みっき様
愛夢梨。様






この作品のキーワード
新撰組  新選組  幕末  逆ハー  時代・歴史  純愛  恋愛  土方歳三  沖田総司  永倉新八 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。