タクトの動きに合わせて
響く旋律の奏で。

それは不協和音の狂想曲。

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。