★★★★★
笑ったり泣いたりときめいたり
今更言うまでも無く、壮大なファンタジーでした
争う2つの勢力、それぞれに属する人たちが1人1人魅力的で、それぞれのドラマがあります

戦争の残酷さをリアルに表現しつつ、でも登場人物達は皆明るくてかっこよくて、楽しそうに交流しています
彼等のやりとりを見ながら一緒に笑ってしまう感じです。
声を出して笑ったし、
苦しくなるほど切なくなったし、
ものすごいときめきました。
忙しく色んな感情が生まれ、とても止められずにとりつかれたように読破いたしました。

長さにビビらず、とりあえず200Pほど読んでみましょう。
気付いたら最後まで読んでいるはずです^^
うまの
09/11/06 22:05

>>新着レビュー一覧へ