ヒントをあげる



ひとつ、

私は永久に存在する



ふたつ、

私は嫌われモノです



みっつ、







あなたも私を
知っているのですよ…


この作品のキーワード
ヒント  くだらねぇ  知っている  永久