わたしは知らなかった。

アイツの存在の大きさや
アイツの思い…

ぜんぶぜんぶ、わたしの恋の気持ちだったんだね。

わたしは幼い頃はませてたんだ。
恋ばなとか誰よりも好きだったんだ。

…なのに、なんで人生変わってしまったの?

私に一体なにがあったの?

この作品のキーワード
優等生  恋愛