大城 奏(おおしろ かなで)―18歳



20歳まで生きられないと宣告された彼女に生きる勇気を与えてくれた人―


崎谷 俊(さきや しゅん)―28歳
暗い過去の出来事から、
メジャーデビューするとゆう夢を捨てた元弾き語り。



奏は俊に
また夢を追いかけて欲しいと願う
そして
ふたりは互いに引かれ合っていく



俊はまた歌を歌ってくれるのか??
奏のあとわずかの命は??


感動のラブストーリー☆☆



初めて小説を書くので、読みづらい文章多々あると思いますが、どうか最後までお付き合い下さい
m(__)m

宜しくお願いします☆☆

この作品のキーワード
ブルー13  恋愛  俺様  純愛