知美の母親はいつも知美に辛く当たっていた。

母親の死後、知美は母の故郷にある、伯父の家に引き取られることが決まった。

引越しの日、母親の部屋で古い人形を見つけ、その人形を大事にとっておくことにした。

だが、母親の故郷に帰ってきてから、周りの人の反応がおかしいのに気づく。

そして、知美の周りで奇妙な事が起こり始める。


修正中です。

この作品のキーワード
人形  母親  因縁  友達  過去