2021年下半期注目新人作家をご紹介!

2021年下半期に「ベリーズカフェ」に登録して、作品を書いてくださった新人作家さん10名をご紹介させていただきます!

ぜひチェックしてみてください♪

周囲は私のことを高辻のお嬢様と呼ぶ―――そんな私の恋は出会った時から始まっていた。出会いはお見合いだったけど、ずっと私は好きだった。いつか結婚するんだって思って、ただ待つだけの日々。でもそれが大きな間違いだった。

景光の申し出で、彼の家にハウスキーパーとして通うことに

徐々に膨らんでいくお腹に比例するように

意図の見えない景光からの溺愛は加速して…?

力が失われたのを感じた。両手に念じても何も出てこない。魔力がたまる感じもしない。

魔力枯渇。

それが、レインの頭に浮かんだ言葉だった。

神様に愛された人々の楽園から名付けられたと言われるシャンゼリゼ通りで出会った2人はビジネス婚をする事にした。咲羽玲音という会社に勤めるだけ。愛されることも愛することも必要ない2人が見つける結婚の物語

三次元に興味なし。ずっと二次元一筋、結婚願望なし。

そんな女に持ちかけた契約。

「他に好きな女性がいますが、私と結婚しませんか」

鳥飼 音芽(とりかいおとめ)は隣に住む幼なじみの霧島 温和(きりしまはるまさ)が大好き。でも温和は小さい頃からとても意地悪でつれなくて。幼なじみが大好きな鈍感M女性と、彼女が好きだけど素直になれないひねくれS男性のお話です。

それは突然あたしの部屋に転がり込んできた、綺麗な顔をした、ウソツキ悪魔。いつの間にかあたしはココロもカラダも染まってゆく――

優しくウソをつく、そのハートに。

ある日の満月の夜、婚約者の部屋から戻ったカークスは不思議な夢を見る。それはかねてよりの想い人、アイリスの姿。アイリスがカークスに告げた言葉によって、動き出す人間関係とそれぞれの想い……。

「はい、受理いたしました。」

離婚届を役所に提出した。

これで、やっと離婚できた・・・

――これは夢を忘れた大人女子とある年上イケメン男性の愛の1頁。

さあ、表紙を開いて中を覗いてみませんか?

いつだって出逢いは突然やってくるのですから。

※2021年7月1日~2021年11月30日の間で「ベリーズカフェ」に新規で会員登録をして作品を書いてくださった作家さんとなります。