「ぼくの話をしようと思う」大迫環/著  感想ノート

ひとことでもお言葉を残していただけたら、うれしく思います♪

  • >瀬名弓槻さま

    こんにちは☆

    レビューも拝読しました。
    とても素敵で、思わず読んでみたくなるような内容で、うれしく思いました。

    ちょっと意外性のあるラストを狙ったので、それがうまく伝わったかいつも気になっていて、こうして感想をいただけると励みになりますし、不思議な空間というのは、まさにわたしが目指した世界そのもので、同じ感覚を抱いていただけて感激しています。

    ほかの作品でもお会いできるのを楽しみにしていますね。
    感想とレビュー、ありがとうございました♪

    大迫環   2013/10/08 09:54

  • はじめまして。
    瀬名弓槻と申します。

    読ませていただきました。
    拙いですが、レビューも書かせていただきました。

    とても不思議な空間で、心地よかったです。

    素敵な作品をありがとうございました。

    他の作品も読ませていただきます^ ^

    瀬名弓槻   2013/10/04 21:17

  • >さくらラテさま

    はじめまして☆

    まさしく、もし天国が存在するのなら、そこにいるのは「幽霊」ではなく、やはり「人間」なのだと想像しながら設定を考えました。

    未練をなくすために行った天国でしたけど、書き終えてみたら、ハッピーエンドにはなりませんでした。

    ぼくに関して言えば、彼女への思いがあふれすぎて、変な方向に行ってしまったのですね。

    人間とは、考える能力があるくせに自分の思った通りにはならない不思議な生き物だなぁと思います。


    感想ありがとうございました!

    大迫環   2013/01/31 10:55

  • はじめまして

    読ませていただきました。

    彼女への溢れるほどの愛情が、別の想いになっていき……。
    違う形になっていったのでしょうか

    天国でも凛としていた彼女が切なく
    それぞれに
    彼を残して成仏する形になり……それでも彼は最後まで……。

    上手く伝える事はできませんが

    切なくて素敵なお話でした。
    こんなシステムで
    こんな天国ならいいなーって思ってましたが

    やっぱり
    死んでも人間は人間なんだなーって感じました。

    楽しみませてもらいました。
    ありがとうございます。

    小田真紗美   2013/01/30 23:32

  • >bikkeさま

    こんにちは☆

    「ぼく」はきっと、何度生まれ変わっても、どんな姿になってもこの思いだけは…という気持ちでいるのだと思います。

    でもbikkeさんのおっしゃる通り、納得して先へ進まなくては何も変わらないので、そのためにも、生まれ変わったら前世のことなどすっかり忘れていてほしいですね。

    悲惨な事件が絶えず起こり、罪のない人々が命を奪われている今も、世界中で「ぼく」がひとり、またひとりと増えているのかもしれないと思うと、胸が痛みます。


    感想、とてもうれしく思いました。
    ありがとうございました!

    大迫環   2013/01/24 09:58

>>全て見る