夢雨さんのレビュー一覧

★★★★★
2021/03/18 15:51
ひとりぼっちの世界で、出会う

どうにも拭えない汚れのような過去がある。 だから、逃げてきた。心の底から死を願った夜があった。 でも、どうしようもなく生きたくて、救われたくて、前を向きたくて、 ――そうして、“きみ”と、出会った。 これは、そんな凛花と藤堂の物語。 だけど、登場人物の誰ひとりとして取りこぼさず、やさしく拾いあげられていく様が、本当に見事でした。 『本当は誰かに見つけて欲しかった』 きっと、そう思っていたのは凛花だけじゃない。 藤堂も、智也も、有愛希も、柚寧も、大河も、累も、そして栄介も、みんな、みんな。 この世界は、ひとりぼっちどうしの寄せ集めで出来ている。 でも、だからこそ、ひとりぼっちとひとりぼっちが出会い、世界は丸い形に変わっていくのだと、信じたくなるお話です。 素晴らしいものを読ませていただき、本当にありがとうございました。

続きを見る
★★★★★
2021/03/14 16:22
苦い、のあとで

優しく笑う表情を、咄嗟に好きだと思ってしまった。 それが“彼女”に向けられているもので、この先どんなことがあっても自分には向かないものだと、わかりきっていても。 じっと息をひそめて、身をかためて、恋が終わるのを待っていた。 そのはずなのに、誰にも打ち明けることのできなかったこの気持ちを、受け入れて、肯定してくれる存在に、出会ってしまった。 甘えたくなる。寄りかかってしまう。 そのうち、いつのまにか、手放したくなくなる。 『千景くんに対して、あたしはまだ何もがんばれていない気がする』 恋に対して臆病に呼吸をしていた杏がはじめてそう思った瞬間が、とても美しくて、若さゆえの不格好さを秘めていて、すごく好きです。 恋はきっと、甘いほうがいい。 でも、一度苦さを含んだあとのほうが、きっと、もっと、甘くなる。 激アマに愛されるだけじゃない、焦がれるほどの恋をしたくなりました。

続きを見る
★★★★★
2021/03/07 16:52
ネタバレ
猛毒が、体をめぐる

レビューを見る
★★★★★
2021/02/28 16:56
だって、たぶん、逃げたくない。

新しい環境、新しい学校、胸を躍らせていたひとりの少女は、転校してきたその日のうちに、悪名高い“オオカミくん”の、大切なものを踏んづけてしまうのだった。 目が合って、三白眼に射抜かれて、ふたりの恋がはじまる。 なぜなら彼は噂に聞いていたような“オオカミくん”でなく、等身大の男の子の、“大神くん”だったから。 前半、可愛さとトキメキにやられっぱなしで、何度も足をバタバタさせてしまいました。 後半、切なさと愛しさに胸を締めつけられて、謎の涙が落ちつづけていました。 「もう逃がさないから、覚悟してね」 オオカミの顔で、そう言った大神くんと。 そんな彼から逃げたくなんかない、結依と。 そして、そのふたりを優しく、あったかく見守る全員との、恋と青春が、まるごと愛しいです。 ぜひ、三白眼に射抜かれてください。

続きを見る
★★★★★
2021/01/28 13:12
きみたちと、素晴らしい世界で

――たとえば、世界がもっと綺麗だったなら。 ずっとそう思いながら生きていた。自分が呼吸をくり返すこの場所はぜんぜん素晴らしくないって、世界なのか、自分なのかもわからないまま、なにかを憎むことで必死に立っていた。 「歌にしようよ、綾乃の気持ち」 そういう綾乃が、領に出会って、浩平に、怜に出会って、“はるとうたたね”の一部になっていく。戸惑いながらも、迷いながらも、差し伸べられた手を取って、歌をうたう。 その過程があまりにも眩しく、清らかで、彼らの音が聴こえてくるようでした。 世界は素晴らしいことだけじゃない。綺麗じゃないものだっていくらでもあるかもしれない。 でも、綺麗なものだって、絶対に見つけていける。手を伸ばせば、きっとすぐ傍にある。 そういう希望の歌を、聴かせてもらいました。 はるとうたたねの大ファンです。

続きを見る
★★★★★
2021/01/27 13:10
はちみつ色に輝いている

あの人は輝いている。世界を照らす金色のように。簡単に手を伸ばせないほど、遠い場所で。 だから、ずっと、きみのようになりたかった。 まったく違うようでとても似ている、ふたつの淡い憧れがじわりじわりと近づいては、少し離れて。また、もう少し、近づいて。 いつしかお互いのためになにかしたいと願うようになっていく、ふたりのその姿こそが、なによりもまばゆい青春そのものでした。 『私が、光を当てて、あたためたい』 凍えそうになっていた朝陽の心の大切な場所を、見つけてあたためてくれたのが、とても柔くて、とても強い、光莉で本当によかった。 たくさんの『好き』の気持ちがぎゅうぎゅうに詰まった、甘くてすっぱい、苦しくて愛しい、キュンなお話です。

続きを見る
★★★★★
2020/09/12 23:44
さんかくの毒性

「こっちはわかりたいと思ってんだよ」 そのまっすぐな言葉が、完結していたふたりの世界を揺らしたのを感じたとき、ひとつの想いが閉じ、もうひとつの想いが走り出したのだと、たしかに思った。 男子ふたりと、女子ひとり。 いびつな三角形を作りながら、小さな嘘をくり返し、自分を守って、相手を守って、誰かを守って、過去を、そして未来を守っている。 それはどうにももどかしく、切なく、悲しいかたちをしていた。 そして同時に、なによりも愛しい三角のかたちをしていた。 だからこそ、彼にとっても、彼女にとっても――そして、彼にとっても。 たしかに抱いた美しい毒のような気持ちが、愛する誰かのためだけでなく、自分のためにも、どうか幸福に作用してくれれば、と願ってしまう。 決して一筋縄ではいかない三角関係。 3人の描いたそのトライアングルを、わたしはどうしても、とてもかわいい、と思ってしまいます。

続きを見る
★★★★★
2020/09/11 11:45
かわいいの夏!

暑いし、だからといってクーラーつけると体ダルくなるし、汗かいちゃうし、とにかく夏なんて大っ嫌い! 「俺は好き」 嫌いなところを数える。 ほかのところは見ないようにする。 だって、本当は知っている。 誰より努力していること。 実はお人好しなことも。 それから、女子から人気があることも。 だから、嫌いなところだけ、数えてきた。 意地っぱりなふたり。 素直になれない男女の心を、夏の暑さがじわじわ溶かしていく様子が、甘酸っぱくて、かわいい。 11ページにぎゅうぎゅうに詰めこまれた、夏のかわいい全部に、心まるごとつかまれました。 来年の夏も絶対に読み返したい、夏を大好きになれるお話を、ありがとうございました。

続きを見る
★★★★★
2020/09/04 22:39
氷点下の真ん中に、ぬくもり

ミルクティー色のふわふわの髪、笑うと細くなる長いまつげの瞳、成績はトップで、おまけに生徒会長。 見た目も中身も文句なしの“学校の王子様”に、片想いをしている。 そんな彼の“本性”を知ったとき、恐ろしくて、失望して――そして、本当の恋が始まった。 『俺に理想ばっかり押し付けて』 冷たい声としゃべり方でそう言った彼を、最初に見つけたのが彼女でよかった。 決して激しい熱じゃない、臆病な温度で氷をゆっくり溶かしていく女の子でよかった。 ドラマチックな奇跡も、ありえないファンタジーも、鈍感すぎるヒロインも存在しない、等身大の恋のお話。 重なったいくつかの偶然と、誰かが誰かを想う気持ちと、ほんの少しの勇気が混ざって溶けた氷、その水たまりの真ん中で、最後はきっとやさしい気持ちを見つけられるはずです。 登場人物みんなまるごと抱きしめたくなるような、愛くるしいお話をありがとうございました。

続きを見る
★★★★★
2020/09/03 14:48
永遠に色褪せない群青

立花学園男子バレー部・キャプテンの藤枝青葉。 凪いだ海のように穏やかに、深い優しさでチームを包みこむ彼は、チーム全員にとって役職の名前以上に大きな存在だった。 いよいよ迎えた、最後の年。交わした何気ない会話たち、秘密めいた約束、そして―― 『俺は、お前のことが嫌いだよ』 突然向けられた背中のむこうから襲いくる強風と闘い、みんながそれぞれの痛みを伴ってぼろぼろになった。 全部がうまくいくわけじゃない。 歯を食いしばらなきゃいけないことも、目を瞑らなきゃいけないことも、元に戻らないこともある。 それでも諦めないで、待ち続ける。信じ続ける。 登場した全員から感じられるその姿に、あまりにも大きすぎる勇気をもらいました。 きっとこの1年間は誰にとっても色褪せないで、ずっと群青色に輝いているのだろう。 ここに、青春のすべてが詰まっています。

続きを見る
★★★★★
2020/09/01 15:10
泳げたら、会えなかった、けれど

幼いころ、溺れかけていたところを助けてくれた“誰か”。おとぎ話のなかでしか知らなかった、美しい尾ひれを持った“彼女”のことを待ち続けている。 『おれも見たことあるよ』 ばかげた神話のような存在を探し続ける少女・佐波と、たったひとりだけそれを信じてくれている少年・七瀬との、10年目の夏がいよいよ始まった。 ふたりの織りなす何気ない会話が愛しくてまぶしい。 そのなかに散りばめられたいくつものヒントをたぐり寄せ、真実にたどり着いたとき、ふたりの10年間が穏やかな波に帰っていくようで、美しかったです。 泳げたら会えなかった、でも、これからは泳いで会いに行く。 少し関係が変わっても、きっとずっと変わらないであろう佐波と七瀬だけの夏を、想像せずにはいられません。 夏の終わりに読みたい現代版・人魚“姫”です。 素敵なお話をありがとうございました。

続きを見る
★★★★★
2020/06/02 22:45
だけどきみを繋いでくれる

大好きな人が大好きだった曲。 だから大好きになりたかったのに、いっしょに大切にしたかったのに、思い出すたびに苦しくて。 聴かないようにしてた。遠ざけてた。 それでなくとも、ずっと隣にある記憶のせいで、どうにも思い出してしまうから。 『だけどやっぱり、一緒に幸せになりたかった』 好きな人が幸せならそれでいい、どんなにそう思っていたとしても、誰だっていちばんに願ってしまう気持ちだと思う。この言葉に胸がぎゅーっと苦しくなりました。 凛冬が好きだった曲と、秋季のキライになりたい曲。それがこれから、何度だってふたりを繋いでくれるのかもしれない。 好きな人の、好きなもの。多かれ少なかれ、きっと誰もが体のどこかに秘めている。 キライになりたい曲がある人も、キライになってしまった曲がある人も。きっとなにかをぎゅっと大切にしたくなる、かわいくて切ないお話です。

続きを見る
★★★★★
2020/06/02 17:12
これは特別じゃない、ひとつの恋のお話

つらいとき、傍にいてくれた人。話を聞いてくれた人。優しく背中を押してくれた人。 ただ、そういう存在に惹かれただけ。素直に好きだと思っただけ。 あらゆる場所にあらゆる“想いの形”があり、いまではその多様性がかなり受け入れられてきているけれど、どうしたって許されない恋はまだあるんだと思う。 綾と優も、世間一般に見ればきっとそうだった。たくさんの壁や障害が目の前に立ちふさがり、もしかしたら必要以上に苦しい思いをしたのかもしれない。 『わたしは他人に認められるために恋をしているわけじゃない』 この言葉がとても胸に刺さりました。 始まり方と終わり方がとても好き。こういう未来を選択したことに作者様の想いがじんじん伝わってきます。 なにも特別なことなんかない。 世界で一番似ている赤色を持っている人を好きになっただけ。 そんなふたりのありふれた、だけどとても大切な恋が、なにより愛しいお話です。

続きを見る
★★★★★
2020/05/05 22:52
やさしいひかり、みっつ

マナとカイとヤヨ。 3人はずっといっしょに、同じように光って、さんかくの星座をつくっていけるはずだった。 だけど同じ輝きじゃないから、どうしようもなく想ってしまうのだ。 違うから、どうにも惹かれてしまうのだ。 マナと同じように光ることのできないふたりだけが、それをずっと、いままでも、これからも、永遠に、秘密のように、知っている。 たった8ページに、とてもいびつな、そして透明な気持ちが、ぜんぶぜんぶ詰めこまれていました。 みんな、やさしい。やさしいから、傷ついてしまった。やさしいから、傷つけてしまった。 カーテンを開けてふと星空を見上げたら、置いてけぼりにしてきた気持ちを思い出させてくれるような。 ちかちかさみしくまたたいている、夏の夜の物語です。

続きを見る
★★★★★
2020/04/30 23:00
だから、生きてみたい

いつ死ぬかわからない、生きている意味なんかない、そう思いながらただ呼吸をくり返すだけの希愛の前に現れたのは、不器用でいじわるでやさしい、“不良”みたいな男子。 正反対のふたり。ぜんぜん違う世界を見てきたからこそ、おたがいのことを分けあい、知っていくうちに、どうしようもなく惹かれて。 それでも用意されている残酷な運命に抗おうともがく幼い姿は純粋そのもので、こんなに美しい気持ちが世界にはあるのだと何度も胸を締めつけられました。 「人は幸せになるために生きてるんじゃない。誰かを幸せにするために生きてるんだ」 誰にとっても宝物みたいな言葉がたくさん散りばめられていたけど、わたしはこの言葉が大好きです。 生きるって、なんだろう。 そう思ったとき、きっとこの物語はやさしい温度で寄り添ってくれる。誰にも同じやさしさで、傍にいてくれるはずです。

続きを見る
★★★★★
2020/04/02 17:58
ふりまわし、ふりまわされ、きみが好き。

近くにいたからなんでも知ってるけれど、近くにいすぎていちばん肝心なことが見つからない。 相手の気持ちだけが、よく見えない。 だから空回ってふりまわされちゃうし、はからずともたくさんふりまわしちゃう。 そうやって、近づいては離れ、離れては近づいてをくり返すふたりに、何度もだもださせられたことか…! 大人ぶって余裕ぶっている策士のはずの朱里くんが自分の策にまんまとハマってしまう様は“年下男子”そのもので、3日間の大きさを彼といっしょに痛感しました。 そう、たった3日。だけどその3日が、ふたりにとってはとても大きな壁となり、そして最後には、強く背中を押してくれる。 結局必要なのって生まれた年でも想いの年数でもなんでもない。たったひとつ、大好きっていう、シンプルな気持ちだけ。 そんなふうに思わせてくれる、“幼なじみラブ”、そして“両片想い”のすべてが詰まった、完全無敵のじれきゅん!です。

続きを見る
★★★★★
2018/02/07 17:36
もういちど、ここから

両親の離婚、身に覚えのない噂、『見えないなにか』のせいで身動きのとれないモナの前に、きらきらと輝く気持ちは突然落ちてきた。 最初は面倒だと思っていた。大嫌いなやつだと思っていた。でも、彼だけは本当の自分を見てくれる。自分でさえ知らない自分を見つけて、好きだと無邪気に笑う。 気持ちの強さだけで上手くいく世界ならどんなにいいだろうと、何度も胸を痛めました。 彼らは、なりふりかまわず恋をできるほど幼くもないけれど、いろんなことを諦めて笑うには少し若すぎる。 だから少し、時間がかかってしまったけれど。 思い出の浜辺でもういちど出会えたことを運命のように感じました。 ボロボロの女の子を見つけてくれた男の子の手を、今度は彼女のほうが取って。遠まわりしたぶん、きっともっと、大切にしていけるね。 一瞬の青春、一生分の恋が、ギュギュっと詰めこまれた素敵なお話です。

続きを見る
★★★★★
2018/02/06 23:52
春とともに

金髪、ネイル、短いスカート――派手な見た目をしている竹入春日には、そうしなければならない理由があった。 言いたいことが言えなくて。見た目だけで判断されて。いっぱい傷ついて。でも、これまでたくさんのことを諦めてきた春日があとほんの少しだけ頑張ることができたから、彼女の世界は大きく変わったのだろうと思う。 若い悩みを抱えた苦しい気持ち、全員分ヒリヒリ伝わってくる。それでも彼らは何にも代えられない素晴らしい時代を生きているのだとページをめくるたびに思わされる。 そして何より、悪者を悪者のまま放っておかない作者さんに大きな愛を感じました。 友達。勇気。恋。大切なことがあまりに鮮明に描かれているから、少し痛い。それでいてちょっぴりかわいい。とても、愛おしい。 春になるたび読み返したくなる、素敵なお話です。

続きを見る
★★★★★
2018/02/05 21:35
ヒミツは大きな愛となる

大好きな人を大好きだと思う気持ち。それに嘘はないはずなのに、胸を張れなくなってしまったかもしれない。昔より、笑えなくなってしまったかもしれない。 それでも頑張って恋をしている強くて弱い女の子の前に、ちょっとヘンな男子が現れる。 強引だけど優しい彼の心に触れるたびに反発しながらも惹かれていくめごと、余裕があるようで全然ない珠理のもどかしい恋模様。 そしてそれを彩ってゆく、小さくて愛おしい、けれど鋭く痛いヒミツの数々。 誰かをめいっぱい愛して、心から大切にするということ、それができることの幸福を、嵐のようにやってきたオネェ男子に教えてもらったような気がします。 読めばきっと誰もが恋をしてしまう。そんな不思議な男の子の大きな愛を、どうか最後まで見守ってほしい。

続きを見る
★★★★★
2017/08/07 19:11
ネタバレ
そして、今日がくる

レビューを見る
pagetop