いつも隣にいたから、それが当たり前だったから

あなたのことは誰よりよくわかっていると、そう思っていた。


「ずっとずっと前から、君のことが大好きなんだ!」

この作品のキーワード
クリスマス  お菓子  ほのぼの