僕は愛とか恋とかに疎い男で。


「アダムとイヴがエデンの園を追われたときに、イヴが流した涙が地上に落ちて百合の花になったんだって」


きみをみて高鳴るこの感情を、なんと表現するのかわからなかった。


「ねぇ、素敵な話しだと思わない?」


彼女に会えて、彼女の話しを聞けるのが嬉しくて。


「だから百合の花は、こんなにもきれいなんだよ」


きみの方が綺麗だと断言できた時、僕は恋に落ちていると気が付いたんだ。


一体なんという言葉で表したら、この気持ちを理解してもらえるのだろう…



大学教授(水樹誠)×大学生(石村百合)

ほのぼのとした恋愛

この作品のキーワード
大学  教授  先生  恋愛  ほのぼの  純愛  学校  現代