先輩はいつも、



悲しい瞳で私を見てくる。








*―――――――――――――*





「好きだよ、柚子。」



美術部 三年生

一ノ宮紫苑
[ - Shion Ichinomiya - ]



×



「先輩、本当に私が好き……?」



美術部 一年生

白鳥柚子
[ - Yuzu Shiratori - ]





*―――――――――――――*








先輩はいつも私を見てるから、



勘違いしたんだ、私……。





先輩が見てたのは、私じゃなかった。








「今すぐ紫苑から離れろ。
アイツは、お前を見てない。」





その時の私は、
その言葉の意味を、
理解していなかった。





私は先輩に溺れる。





深く、深く……。





「私は、先輩に愛される
“本物”になりたい……。」








[ 執筆 2014.12/13 ]
[ 公開 2014.12/21 ]
[ 修正 2015.3/9 ]
[ 完結 2015.3/9 ]



( c ) Nanoka
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2015年 ブルーレーベル出場作品









この作品のキーワード
恋愛  切ない    白鳥  美術部  美術室  姉妹  片想い  ナノカ  ブルー15