「遺族はいつまで"遺族"なの?!」


「所詮俺は"犯罪者の息子"なんだ」


苦しむ者同士が出会った。

偶然とは言い難い必然。


「本当は、憎むべき相手なのに」


「殺される事はあっても、好かれちゃいけなかった」


故に、惹かれ合ってしまった。


「許せない。だけど、憎めない」


「ごめん。でも、…好きだ」


これは"悲劇"?



この作品のキーワード
禁断    バーテン  別れ  再会  シリアス  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。