「オレがずっと側にいるって、なんで気がつかなかったんだよ」

そう言って現れた自称『王子様』。

上司に叱られて、こっそり泣いていた私の前にイケメンくんがやって来た。

いったい、どこの部署の人?と思っていたら……。

「オレ、お前が使ってる指サック」

「はぁ⁉︎」

私の身になにが起こったの⁉︎

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

短編コンテスト用に作りました(^ ^)

この作品のキーワード
ぎじプリ