「どうだ、そなた城へきて 私のためにお茶を入れぬか」


 その一言がはじまりだった。



     国王陛下のためにお茶を入れる薬師の  ソリ

     悩み傷つきながらも、国王たらんとする若き王  セヴェリ

 
 
 一杯のお茶のやりとりのなかで、惹かれ合うふたりは、いつしか陰謀に
 巻き込まれていく


    
    「国王とは不便なものだ、好きになった女一人、側におけぬとは。
     もし、私が国王でなく、ただの男だったら......
     私を受け入れてくれたか」

    「はい、生涯を愛し抜く唯一人の人として」



 心が通い合っても、様々な障壁が二人の前にたちはだかり、最大の危機が
 国王セヴェリを、襲う。




 二人は運命に抗えることが、できるだろうか?


 マカロン文庫にて書籍化されることになりました!


 大幅に書き直し、ラストも変わっています。
胸キュンシーンもふやしました!

よかったら、こちらも覗いてみてくださいね!!

好評発売中

あらすじを見る
国王陛下の専属薬師として、城に強引に連れてこられた町娘・ソリ。強引で尊大な振る舞いばかりする国王・セヴェリだったが、その裏には孤独と誰よりも深い優しさを持っていた…。「口直しは甘いキスがいい」――ソリの煎れた苦いお茶を口にすると、セヴェリがキスを甘く迫ってきて…。ある日、国の政権を握る役官の陰謀や国王の后選びの騒動に巻き込まれ、ソリは命を狙われてしまう。決して結ばれることのない、国王×町娘の恋の行方は…?
この作品のキーワード
身分違いの恋  切ない  国王  薬師  陰謀  ドキドキ 

マカロン文庫

国王陛下の独占愛
国王陛下の独占愛
hontoで買う
BookLive!で買う
Amazon Kindleで買う