コーヒーなんてそれほど興味は無い。


でもあの人が入れてくれた一杯のコーヒー。


それが私の心を捕らえるのには

たいした時間はかからなかった。














2016/09/27

目次

この作品のキーワード
カフェ  胸キュン  コーヒー  弁護士  モカマタリ