地味で真面目で無表情
面白みも可愛げのない秘書が

なぜか御曹司様の愛されペットになりました。



「ちょうど可愛いペットが
欲しいと思ってたんだよね」
「私はペットじゃありません!」


魅力的すぎる専務の担当秘書になり
それまでどんなにドキドキしても
感情を外に出さず無表情で真面目に仕事をしてきたのに

ある日突然
専務だけに見える
猫耳と尻尾が生えました…!



必死に平静を装っているのに、
尻尾と耳の動きで
彼にだけ私の気持ちがバレバレで

毎日意地悪な専務にからかわれ
甘く口説かれる日々。


こんなありえない状況
いったいどうすれば!?



魅力的すぎる御曹司と
不器用すぎる無愛想秘書の

ちょっとありえない
オフィスラブ


原題 御曹司様の愛されペット



0331
番外編追加しました


11月刊のベリーズ文庫から書籍化していただけることになりました!
書籍化に伴い発売一か月前の10月10日から
試し読み部分のみの公開となります。
よろしくお願いいたします。

好評発売中

あらすじを見る
食品会社の専務・誠人の秘書として詩乃は無愛想で、感情表現が大の苦手。ある日、飼い猫が死んでしまい憔悴する彼女を見かねた誠人は、自分の家に泊まらせる。すると翌日、なんと詩乃に猫耳と尻尾が…!? 誠人の過剰なスキンシップに、必死に平静を装うけれど、耳と尻尾がいちいち反応してしまう。ツンデレ秘書の恥ずかしがる姿が可愛すぎてたまらず、誠人は会社でもところ構わず愛しちゃって…!?
この作品のキーワード
オフィスラブ  御曹司  身分差  秘書  専務  ラブコメ