※2017年11月、ベリーズ文庫にて発売予定のため
試し読み部分のみの公開となります※

【原題:覚悟なさいませ、国王陛下〜敵国王のご寵愛〜】


私、自国が戦争に負けたので
敵国の王に嫁ぐことになりました。
お母様はこう言います。


『絶対に王を討ち取るのよ』


いくらお父様の仇だからって暗殺なんて。

しかも国王陛下、
裏表はあるけれど、本当の悪人じゃない。
そんな気がします。


最初はとっても怖かったけど、
一緒にいるうちに何かが変わり始めたのです。




敗戦国アルミカの王女
ちょっとぼんやりな純情乙女
ミリィ



敵国シャイレンドルフの王
容姿端麗、だけどちょっぴり意地悪
エドガー




「お前が俺を嫌っていても、俺はお前が好きだ」



その顔で見つめてその声で言われたら
抵抗なんてできるわけない


降伏するのも時間の問題……かも?



2017/03/13 start
2017/06/11 completion



好評発売中

あらすじを見る
敵国の王エドガーとの政略結婚が決まった王女ミリィ。そこで母から下されたのは、エドガー暗殺指令!いざ敵国へ乗り込むも、彼の圧倒的な美しさに思わず目を奪われる。そして、人前では優雅に振る舞うのに、ふたりきりだとイジワルに甘く迫ってくるエドガーから、気づけば情熱的に愛される極甘な日々。独占欲をストレートにぶつけてくる彼に、ミリィも惹かれていくのを止められず…!?
この作品のキーワード
溺愛  ファンタジー  政略結婚  国王  王女  王妃