初めての部下は呆れるほど生意気な嫌味男

しかもやたらと仕事ができるからタチが悪い

さらに彼は、誰もが一瞬で目を奪われる程の美貌の持ち主だった。



普段は私のことを小馬鹿にしてばかりいるのに、突然のキスに混乱するばかりで……



「こんな………変だよ、どうして?」


「あなたを許せないからです」


許せない?

だからキス………って、どういうこと。


「冷静に考えてよ!

どうして私たちがキスするの、恋人でもないのに」


「知っています。どうせ俺は透子が望む大人の男ではありません」





真嶋夏雪(まじま なつゆき)25歳
傲岸不遜を絵に書いたようなエリート新人

×

矢野透子(やの とうこ)28歳
悩み多き新米上司。失恋直後で失意の底




2018/8/19完結
2019/2/26編集部おすすめ小説にピックアップして頂きました!ありがとうございます!

『秘密の会議は土曜日に』と同じく、エヴァーグリーン社が舞台の物語です。(異なる物語なので前作を読んでいなくてもこちらからお読みいただげます)

この作品のキーワード
じれじれ  年下  イケメン  御曹司  大人の恋  強引  失恋  意地悪  強がり  部下