私の彼氏はいつだって、
私のことが嫌いみたいだ。



「うるさい、話しかけんな」



苦くて痛い毒を吐くくせに、



「……好きにすれば」

その毒は時々、少しだけ甘い。



苦くて甘い 微糖の毒が全身に回ったら
あとはもう きみに支配されるだけ──。



❤︎



木村 乙葉
Kimura Otoha
一途でまっすぐな臆病女子

×

柳 絢斗
Yanagi Ayato
冷たくて毒舌な高校生モデル



❤︎



「ねえ、どうして私と付き合ってくれたの?」


──苦くて甘い、微糖の毒に
先に侵されたのは どっち?




【きみは微糖の毒を吐く】



『……お前のこと好きすぎて、
どうしたらいいかわかんねえ』




あらすじ

高校2年生の春に転校してきた乙葉は、同じ本が好きなことがきっかけで、同じクラスのイケメンモデル・絢斗に告白し、付き合うことに。しかし2人の関係は秘密だし、絢斗は学校では話しかけてもくれない、2人きりになっても冷たい。きっと遊ばれてるんだろうなと思う乙葉だけど、たまに甘くなったり、嫉妬したりする絢斗にときめきが止まらない。そんな中、2人の中を揺るがす出来事が起こって──?

この作品のキーワード
胸キュン  冷たい  モデル  芸能人  イケメン  キス  泣きキュン