いつからだろう。
何もかもが、面倒だった。
何もかもが、どうでもよかった。


そんな私を変えてくれたのは、紛れもなく、先生だった。


「俺、これからもちゃんとお前のこと、見てるから!
 お前が頑張ってるところ、見てるから!」


先生は、ずっと私のことを見てくれていたのに、

私は幼くて、自分のことしか考えていなくて、
あれだけ傍にいてくれた先生の悩みにさえ、
気づくことが出来なかった。



”「もし」なんて考えても仕方がないけれど、
 それでも私は、あなたがいる未来を、描きたかった。”


----------
実話を基にした、フィクションストーリーです。

あらすじ

いつからか、何事も面倒で、何事も投げやりになってしまっていた沙帆。
そんな沙帆に、クラスの副担任の畑中先生は、何かと構う。

最初は鬱陶しく思う沙帆だったが、飾らない自分を受け止めてくれる先生に、少しずつ心を開いていく。

「俺、これからもちゃんとお前のこと、見てるから!
 お前が頑張ってるところ、見てるから!」

しかし、そう約束したにも関わらず、先生はある日突然姿を消してしまってー…。

この作品のキーワード
恋愛  学校  先生  生徒と先生  切ない  高校  青春