何もないあたしの世界を変えてくれたのは、あたしとは正反対の君だった。






目次

この作品のキーワード
高校生    小説  正反対の二人  切ない  初恋