あの時、医者が言った。

「手術をしなければ、
生きることはできません」

そう、あの言葉から
ボクの人生が
変わったんだ。

あの頃に思い悩んだこと、
離れていった人達。
そしてそばにいてくれた
仲間との物語。

渡航臓器移植という
大きな壁を乗り越え
ボクが再び
立ち上がるのに
必要だった気づきを
与えてくれた日々。


そして、
それから数年後…

ボクは著書
「つらいときに読む本」
を出版することに
なったのです。


この作品のキーワード
移植  つらい  勇気  元気  闘病  自己啓発  成長  人生  泣ける  感動