なぜかオバケの
目撃情報が絶えない
この町、日暮町。

この世のものではない
オバケ達は人には
伝わらない苦悩や悩みを
抱えている……。

そんなもの達の
道標として
偏見なく、優しく
接するおまわりさん。

人とオバケ達の
ほんわりとして
哀愁ただよう壮大な
ファンタジー!!

そして今日も人知れず
戸をたたく音が
聞こえてくるのだった……

この作品のキーワード
オバケ  幽霊  妖怪  不思議  幻想  ぬくもり  ほのぼの    切ない  短編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。