その男は、来るもの拒まずの

どんな女でも抱く


淫らでふしだらで

常識の文字をママの腹の中に忘れて来た様な

そんな馬鹿男だ。


何であたしに寄って来る?


何であたしを誘惑する?



もう、今すぐあたしの前から


消えてくれ。


*************


10月04日執筆開始


この作品のキーワード
珈琲味  男口調  指先  ピアス  三白眼