★★★★★
主役にもなり脇役にもなる
この作品のタイトルになったであろう、トルコキキョウは花束の主役にもなれば脇役にもなる花です。

それでいて、その存在感はしっかりと主張しています

この作品は、複数の男女が複雑ん委絡んでいますが、和たちはある時は朱や鵜になり、ある時は脇役になり…

それでもその存在感は各々の個性で確率していました

彩り豊かで季節感のある花々もそれに彩りを重ねていました

是非ご一読を
nekoneko
12/01/07 13:05

>>新着レビュー一覧へ