ラスト一年の高校生活。


突然の転校にも負けず、気合いを入れ直していたのに―…


「可愛子ちゃんはっけーんっ♪」

「半径一メートル以内に近づくな」

「……………………。」

「なんかアホそうな女の子だなぁ」

「…先に謝る。悪いな」



「………無法地帯?」



ある変なアルバイトをすることになってしまい――



「何?夜這いしに来たの?…変態だなぁ」

「バカ、引けっケダモノッ!!」



毎日ドキドキのハプニング発生の予感!?


貧乏性 少女 ×
個性強すぎ ケダモノ達


ドタバタ学園恋愛ストーリー!!