27歳の誕生日前日に陽菜子は6年付き合った彼氏に振られた。


ショックに打ちひしがれたその帰りに、コンビニで偶然会った上司。


神林 和真(33歳)に酔って泣きながらしつこく絡み、勢いで家へ。


やけくそにキスをせがんだが、そのキスが忘れられない。


次第に神林に惹かれていくが、神林には忘れられない大切な人がいた


H28.11.24~H.29.3.23

※H.29,7月にマカロン文庫より『鬼上司のとろ甘な溺愛』とタイトルを変えて、電子書籍化いたします。その関係で、7月1日より一部のみの公開設定とさせていただきます。





好評発売中

あらすじを見る
誕生日に彼氏に二股され失恋したOLの陽菜子。泣きながらヤケ酒しているところをイケメン上司の神林に見られ、彼の家で話を聞いてもらうことに。普段は厳しく鬼上司と呼ばれているけれど、優しく慰めてくれる神林。甘いギャップにドキドキしていると「誕生日プレゼントだ」と言って突然キスをされてしまう。「煽るような顔するな。抑えが効かなくなる」――その日以来、神林のことを意識してしまう陽菜子は、彼に”大切な女性”がいると知ってしまい…!?
この作品のキーワード
誕生日  鬼上司  オフィス  浮気  キス  イケメン  部下  大切な人  アラサー  心配性 

マカロン文庫

鬼上司のとろ甘な溺愛
鬼上司のとろ甘な溺愛
hontoで買う
BookLive!で買う
Amazon Kindleで買う