ーーー

私はひとりぼっちになってから、泣くことも、笑うことも全部、忘れていた…


“アイツ”を拾うまでは。

ーーー

あの頃はどこまで感情を露にしていいのか、全くわからなくなって、押し潰されそうだった。


“あいつ”に拾われるまでは。

ーーー


ふたりぼっち


Start 2013.07.28


この作品のキーワード
中学生  同居  孤児  純愛  サッカー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。