「僕と結婚しましょう、今すぐにでも」

いきなり私にプロポーズしてきたのは
まさにシンデレラの相手にふさわしい王子様のような人だった。


次期社長で仕事がデキてイケメンで。
完璧な副社長様なんだけど……。


この王子様、ちょっとばかり……いや、かなりの世間知らずな王子様だった!?


「この黄色い塊はいったいなに?」

「僕には、まだまだ知らない世界がたくさんあるようです」

純粋で年上のくせにまるで子供みたいで。

なのに時々、大人の男らしい意外な一面を見せられて。

いつの間にか放っておけない存在になってしまい……?


◆振り回されまくり&パ二くりまくりの?シンデレラストーリー◆

この作品のキーワード
御曹司  副社長  溺愛  幼なじみ  プロポーズ  ラブコメ  シンデレラ