猫みたい


気高くて、毛並みの整った、
ビー玉みたいな目をした血統書つきの猫


誰にも手が届かないけれど


誰の懐にもすんなりと入れてしまう




「あんなにかっこいいのに、
一匹狼なんだって」



狼?


猫だと思ったんだけどなあ




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

超美形 だけど 一匹狼

須貝隼人

sugai hayato

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


×


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

元人気者 → 無気力・無関心少女

高瀬愛珠

takase ashu

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



何かの偶然か
運命的な必然か


お前に出会って

何も映さないその瞳に
助けたいなどと無責任な感情を自覚する



だけど、俺は同じことを繰り返すことを恐れた




「俺は……俺は、壮介を……」



俺の止まった時を動かしてくれたのは
お前だった



「もう、自分を責めないで……」



じゃあ、お前は?

何を一人で抱え込んでいる?



お前は、強くて、美しくて、優しい人。





一度止まった運命の歯車が、

時を経て再び回り出す――――


隠された真実を、明かそうとするように……














何かの偶然か
運命的な必然か



あなたに出会って私の日常が変わって行く




“もう、これ以上私をかき乱さないで”




そう心が叫ぶ




“こんな感情なんて、いらない。私じゃない”



「それが普通なんだよ」



嘘だ



「なあ、自分を責めないで。もっと自分を大切にして。頼むからっ……」



私の手を引いて前を行くあなたは
強くて、美しくて、優しい人。



私の世界に色がついていく


止まった私を、あなたが動かしていく


まるで、渇いていることさえ
気づかれなかった土に突然雨が降り注ぐように――












そして全てを壊し

残酷にも二人を引き裂くように噛み合う

壊れた歯車とは……?





この作品のキーワード
強さと優しさ  孤独  イケメン  一匹狼  家族の在り方  溺愛  失声症  生きる意味  先輩  切ない