青龍、
黒龍、
白龍、
赤龍、
そしてそれらの頂点にたつ龍王。

誰からも畏れられ、
絶対的な力と存在感で龍の国の統べる者。

孤独な龍王の望みはただ1つ。

たった1人の女の子の笑顔だった。

あらすじ

龍王。


誰からも畏れられ、 絶対的な力と存在感で龍の国の統べる者。


孤独な龍王の望みはただ1つ。


たった1人の女の子の笑顔だった。

この作品のキーワード
  溺愛  巫女  切ない  異世界  恋愛  不器用