『 悲劇と希望の物語 』


私の中におっさん(魔王)がいる。の番外編になりますが、この作品単体でも問題なく読んでいただけると思います。

悲劇が書きたくて書いたので、ハッピーエンドがお好きな方はご注意を。
一応、救いはあります。(あるはずです)

竜王機関がなぜできたのかが解ります。

あらすじ

魔竜がはびこり数多の命が奪われる世界で、各国から代表者が集まり魔竜の討伐隊が組まれ、レテラはそこで記録係としての任務を受ける。
一癖も二癖もある連中と共に魔竜を倒すべく研究を重ねるが、それは悲劇の連続だった。
これは、一人の人間の信念を描いた物語である。

この作品のキーワード
ファンタジー  超能力者  ドラゴン  戦記  純愛  陰謀  悲恋  伝記  悲劇  冒険