10年前、親の再婚で兄妹になった翔くんはカッコよくていつも優しくて。


私の自慢のお兄ちゃんなの。


だけど私が高校生になってから、お兄ちゃんの様子が変で……。


名前で呼んでほしいと言ってきたり。


「お兄ちゃんって言ったらダメだろ。今度呼んだらキスするからな」


そんなの冗談だって思ってたのに……。


彼の部屋に入っていくと抱きしめられたり。


「翔くん、だめだよ。離して」


「どうして?」


甘すぎる距離感はおかしくなるばかり。


「誰にも渡さない。チーは俺の大切な女の子だから」


彼の溺愛に甘く引きずりこまれて。


「こんな恥ずかしいことにも少しづつ慣れていけばいいよ」


これってイケナイことなんじゃないのかな。


だって兄妹なのに。


瀬戸 千桜(セト チオ)高校1年、15歳
美少女妹、超ブラコン。


瀬戸 翔(セト ショウ)高校2年、17歳
イケメン兄、超シスコン。


甘やかしお兄ちゃんに溺愛されて……。


誰にも言えない2人だけの秘密がどんどん増えていく。


もう兄妹には戻れない、戻りたくないよ。


「俺、もうチーのお兄ちゃんやめるから」


「兄貴じゃなくて男として俺を見て欲しいんだ」


「チーさえいれば何もいらない」


「俺を信じろ、運命なんて変えてやる」



イラストはミカスケさまよりお借りしています。m(_ _)m

この作品のキーワード
ブラコン  シスコン  溺愛  依存  独占欲  甘々  兄妹  再婚  一途