* * * * * * * * * * * *

「お前、かわいいから気に入ったよ。飼ってやろうか、嫁として」

* * * * * * * * * * * *


ひと昔もふた昔も前に、一世を風靡した加藤ブランド。
加藤製陶が作り出す陶器は、
一種のステイタスとして爆発的な人気を誇っていた。


が、そんな栄光が永遠に続くわけがない。


勢いづいて東京へ進出を果たすも、時の流れに乗れず衰退していく一方。
そろそろ撤退を考えるべきかとなった頃、生前の祖母にお世話になったという
及川不動産の先々代の社長夫人が手助けを申し出た。

孫同士を結婚させようなんて、祖母との無責任な約束とともに……。



加藤 愛佳(加藤製陶の社長の娘)

×

及川 千秋(及川不動産の社長)



加藤の再建に尽くしてくれるお礼がしたくて、煽られるように思わずつぶやいたひと言に、意地悪な旦那様が豹変。


旦那様。私、ペット枠じゃなかったんですか???


気持ちは追いつかないまま、毎晩甘くささやかれて心も体も陥落寸前。
気づけば彼の横にいるのが心地よくて、なくてはならない存在になっていた。


でも……。


私は与えられるばかりで、彼にしてあげられることがなにもない。
私は彼にふさわしくない。


彼の隣にいる資格がないからと、別れる決意を……

したのはいいけれど、果たしてあの規格外な旦那様がそれを許してくれるのか。




*作中に、地方の生活様式や方言が出てきます。物語の設定上必要だったため表現したもので、悪意はありませんのでご了承ください。

好評発売中

あらすじを見る
倒産寸前の家業を立て直すため、いきなりお見合いをさせられてしまう愛佳。断るつもりが相手である大手不動産会社の御曹司・千秋になぜか気に入られ、あれよあれよという間に結婚が決まってしまう。しかも、事業再建を助けてもらう条件は彼の跡継ぎを産むことで…!?「ゆっくり濃密に可愛がってやる」――約束の初夜、溢れる大人の色香と余裕でとことん溶かし尽くされた愛佳は、ついに妊娠して…!
この作品のキーワード
政略結婚  契約  御曹司  社長  俺様  年の差  溺愛  妊娠  ラブコメ