「愛の導き手よ、よくぞ魔界に参られた!」

自分の感情をうまく口に出せない梓(あずさ)。
身勝手な恋人に浮気をされて呆然としていた彼女は、突然魔界に召喚される。
聖なるモノに攻められ崩壊寸前の魔界は「愛」を武器に起死回生を図らんと、異世界召喚を試みたのだと言う。

魔界の王子、シンが愛の力を得るまで還ること能わず。

心ならずも協力する梓だが、使い魔のコウモリには懐かれるものの、シンには拒絶され会話も儘ならない。
しかし、魔界崩壊のタイムリミットは迫っていた──。

この作品のキーワード
異世界  ファンタジー  召喚  ヴィラン  魔界  王子  恋愛