―――――ある日俺は、感情をなくした彼女と運命的な出会いをした……。




「……先輩が好きです」


俺が好きになったのは、感情を失い心に傷を負った彼女だった。




俺が出会った彼女は、母親から愛されることをただひたむきに願っていた……。


そして愛することも愛されることさえも忘れてしまっていた……。




「……ごめんなさい」


そんな彼女には、心に深い傷を負った出来事とある悲しい真実が待っていた……。




明かされる真実を前に、俺たちはまた気持ちが揺らいでいくことも知らなかった……。


ずっと一緒に居られたら、どれだけ幸せなんだろう……。




「……ありがとう先輩」


母親から愛されることを願っていた彼女が、最後にたどり着いた結末とは……。




2010/08/08〜2010/12/27

この作品のキーワード
恋愛  感情  希望と絶望  真実    過去  野いちごGP  告白  守りたい  裏切り