半年前から行方不明の同居人

「歩太」


不思議な雰囲気を纏って
歩太を訪ねてきた
妹と名乗る

「野中七海」


キャバクラ嬢の尚子と曖昧な関係を保ちながら
野中七海の魅力に惹かれていく

「僕」



………


歩太宛に届いた
一通の手紙

そこから始まる

僕達の歪な多角関係


………




誰もがね
きっと

誰かのために存在しているのだけど

同時にね

誰のためにも存在していないと

わたし
思うのよ



………




大切な人が
居なくなってしまってもなお
ここで生き続けているのは
いったい
何のためなのだろう










2013.2.12 完結







□坂野真夢さま□
□*anjyu*さま□
□シスコさま□
□いいよさま□
□黒原紫音さま□
□蒼山 螢さま□
□Maiさま□
□沖田 円さま□
□永以真子さま□
□長月イチカさま□
□KIMORIさま□
□梅雨之あめさま□
□木村 咲さま□
□坂井 志緒さま□
□かなさま□
□はづきこおりさま□
□叶 遥斗さま□
□さとうさささま□
□にこですさま□


心のこもった素敵なレビュー
ありがとうございました

それから
感想をくださった皆さま
投票コメントをくださった皆さま

皆さまが
この作品に与えてくださった言葉たちは
本当に宝物です


この作品を読んで下さった全ての方に
心から
感謝申し上げます




編集部オススメに選んでいただきました!
ありがとうございます!


























この作品のキーワード
過去    存在  運命  出会い  大学生  裏切り  切ない  妊娠   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。