ー夏ー

初めてのことばかりだった春が過ぎ、
夏になった。

相変わらず、私は子ども扱いされ。

涼はまだ記憶が戻らない。

そして、個性豊かな仲間たちは
変わらないでいる。

崩れながらも、完成に近づく。
私たちのー関係ー

私が知らない所で、
時は刻、一刻と過ぎてゆく。


あの夏、止まったままの時間が
動き始めた。

この作品のキーワード
恋愛  ひまわり    友情