希望大学に落ち、後妻から家を追い出された私、楠木 みかど。

追い出された先のアパートは、二階建ての鉄筋コンクリート『花忘荘』。
私の部屋は2階一番奥の、彼の隣の部屋。

どうやら、彼はそこに、『監禁』されているらしい……。

でもでも! 毎日彼は、出かけていく。

そして、花忘荘の周りには……

新聞紙に穴を開け読むふりをしながら、お兄さんを監視する迷探偵。

私を心配して、様子を見に来る義弟。


そして、有り得ないほど実った胸をお持ちの、女子大生。


私とアルジャーノン(サボテン)は、毎日あたふたしっぱなし。

あれれ、アルジャーノン、私、
彼の事が好きみたい……。


けれど、彼には秘密がいっぱい。


この恋、実るのでしょうかー……?


――わ、私が、お兄さんを塔の上から助け出す王子様になるとしたら、
あなたは私の、何ですかー…?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
101号室 巨乳♀
102号室 美形双子♂♂
103号室 マンガオタクの大学教授♂
203号室 日本大好き英会話教師♂
猫:営業部長定宗♀。
※出番は少めですが、個性的でフレンドリーな方たちです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
お兄さんとみかどの成長。決断。過去。
一緒に泣いて頂けたら嬉しいです。

この作品のキーワード
202号室  逆ハー  記憶喪失  監禁  地味女  年上  シンデレラ  初恋  泣ける 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。