国の平和と安寧と守る



祈りの『聖乙女』アンバー。



清浄な宮の中で純潔を貫き通し、外界の者とのつながりを遮断しなければならない身であるにもかかわらず、彼女は唯一ただひとりの武人の訪問を許していた。



漆黒の騎士ファシアス。



国を守る若き将軍。
そして、外界の者だった頃のアンバーと共に過ごした幼馴染。



会うごとに、戦場の血と埃をきつく身にまとわせてくるファシアス。

このままでは、御力が穢れてしまう…。

解かっている…。解かっているけれども…。
ファシアスにもう会えないなんて…胸が張り裂けてしまいそう…。



「私は『聖乙女』。この宮から出ることは決して許されない…」

「…俺が連れ去ってやろうか。
遠く、誰も知らない遠くの城に閉じ込めて、一生俺の…俺だけの…」








だが、安寧の国に凶事が起こる。

暗い群雲に覆われる空。
天災に逃げ惑う国民。

『聖乙女』を脅かす禍事が迫ろうとしていた。



「この災厄は貴女自身が招いたものだ」

「御力が弱まっている…私は…穢れてしまったの…?」

「ならばいっそ…俺が穢しきってしまおうか」








金色の『聖乙女』アンバーと漆黒の騎士ファシアスの
バトルあり、胸キュン片想いありのラブファンタジーをお楽しみください!


【恋愛ファンタジー/溺愛/幼馴染/片想い/胸キュン/ドキドキ/ハラハラ/乙女/騎士/魔法/成長】



Start 2017/2/12
End 2017/5/13
2017/12/15「とことん愛され」特集に紹介いただきました




この作品のキーワード
ファンタジー  溺愛  片想い  幼馴染  胸キュン  ドキドキ  ハラハラ  魔法  乙女  騎士