B.C.square TOKYOの20階にある
地ビールの販売会社
『クラフトビール・マーケティング・ジャパン』

そこで働く25歳の須田青羽は、
ひどい熱中症体質の持ち主だった。

クールビズが始まり、
節電モードとなった社内で、
残業していた青羽は熱中症を起こしてしまう。

そして気が付いたら
男子更衣室のベンチの上で、
下着姿で寝かされていた。

なにが起きたか記憶がない青羽。
だが、一緒に残業をしていた上司の千坂の態度が
翌日から一変して――

熱中症体質のOLとマイペース上司の、
熱くて甘い年の差オフィスラブ!



※2011年に書いた『COOL BIZ』シリーズの改稿版です。
※『恋するビル小説コンテスト』に参加しています。



☆☆レビューいただきました☆☆

桜城ゆう様 ありがとうございます!

この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  大人の男性  じれじれ  年の差  頑張るOL  熱中症  お仕事