近藤勇が、恋に焦がれる日々を描いた物語。

近藤勇はなぜ、最期に諦めたのか、それを作者の見解で展開していきます。

何とか完成することが出来ました。

読者さんの数は多いとは言えませんが、

それでも、私の作品を読んで下さったことに感謝します(*^▽^)/★*☆♪

作品中よく、貴方という言葉が出てきます。
貴女という表現もありますが、
貴女は、高貴な女性に言う言葉で、
作者は、葉月と近藤の仲がとても良いことを表現するために、わざと貴方を使用しています。

また、最初は、彼女や彼という言葉を使用していたのですが、
あの時代には、それらの言葉が、なかったことを思いだし、急いで貴方という表現にかえています。

そのため、幾分か読みにくい部分があると思いますが、ご理解をよろしくお願いします。

あらすじ

新選組局長、近藤勇の生涯を描いた物語。


現代からトリップした女子高生、葉月が強い信念で近藤勇の運命を導く。

2人のほのぼのとした恋模様や新選組の強い絆...



近藤勇の人生はまるで前世での悪事を贖罪するようなものだった。

この作品のキーワード
新選組  幕末  近藤勇  トリップ  沖田総司  明治維新