「十年後、また気持ちを伝えてもいい?」

卒業の日、告白してくれた彼はそう言った。

「俺の気持ちは、この先もずっと変わることがないって自信があるから。……だから十年後、一人前になったら想いを伝えにいくから」

忘れたくても忘れることのできない淡い思い出。

変わらない気持ちなんてあるわけない。
いつか気持ちは変わるもの。そう、思っていたんだけど……。


「約束通り、気持ちを伝えさせて」


一途な彼の想いに私の心は
トロトロに融かされていく――。


※番外編追加しました。

この作品のキーワード
ドクター  一途  溺愛  片想い  再会  プロポーズ  運命  ピュア  スピンオフ