目を覚ますと、そこは見知らぬ部屋だった。


「あなた、名前は?」

「わ、わかりません」


記憶喪失の少女に作家の無愛想な男。


二人の新たな生活が、始まった。

あらすじ

無愛想な作家の男が拾ったのは記憶喪失の少女でした。
愛と絆と自然にあふれたほのぼの物語。

この作品のキーワード
ほのぼの  記憶喪失  妖精  人形  人魚    家族  恋愛