目が覚めると病室にいた。
そして、謎の男(イケメン)が私を妻と呼ぶ。
どういうことだろう。

私は誰?
このイケメンは本当に私の夫なの?



記憶喪失になった私。
自称夫である「一色蓮司」の溺愛に翻弄されています。


☆注意:若干のサスペンス要素あり、所々ラブコメ、男性視点有り☆


(11月5日完結)

この作品のキーワード
溺愛  社長  地味女子  嫉妬  陰謀  記憶喪失  夫婦  後悔  年の差  甘々