上条ミイヤ(33歳)はマンションで一人暮らしをしている。
輪番でマンションの役員になってしまい、
ごみ置き場の管理をまかされる事になってしまった。
だが、不定期に置かれる、分別のしていないゴミ袋に悩まされる。

ある日、その違反ごみを出している男と、偶然ミイヤが遭遇した。
ミイヤはその男に注意をするが・・男の無自覚・無反応に激怒する。

しばらくして、ミイヤはその男が高熱を出し、
廊下に座り込んでいる所を見かけ、
しかたなく保護してしまう。

その男、加賀城は<冥府の王>であり、
現世では「璃音」という名の芸能人として活躍している存在だった。

冥府の王はミイヤの部屋に、幼い頃に亡くなった弟が
取りついている事を知ることに。

ミイヤの弟はずっと長い間、天界に上がるのを、拒否していた。
なぜなら、弟は姉を心配して、ずっとそばにいることを望んだからだ。

冥府の王は天界から、その弟を天界に上げるために、協力するよう、
要請を受ける。

そこで冥府の王は、弟の姉に対する執着を断ち切るため、
姉の恋人に自分がなるように仕組む。

が、現世での冥府の王・加賀城は上条ミイヤの7つ年下で、
死んだ弟と同じ年齢だった。
 

あらすじ

この作品は現代ファンタジーです。
日本が舞台となります。
女性が7つ上の<年の差恋愛>です。
恋愛をしないと決めた女性が恋に落ちる時・・
お相手は冥府の王・・死神でした。
ジレジレ愛を頑張って書きましたので、お楽しみいただけると幸いです。

なお、別の番外編もあります。
それは、ちょびっとBLです。
そちらも合わせてお読みいただけると嬉しいです。

この作品のキーワード
年の差恋愛  女性が7つ上  冥府の王  死霊の弟  ジレジレ愛  非正規雇用  邪魔がはいる  恋愛しない女